暖房費を抑える方法

高気密高断熱住宅が当たり前になった現在、
住む人にとって冬場は暖かく夏場は涼しく
快適な生活を送ることができるようになりました。
エネルギー費用の高騰が深刻になりつつあることを鑑みると熱損失を抑えて暖房に必要なエネルギーを小さくすることは経済的にも大切なことであると考えます。

あるお客様から
「家が寒い。暖かくしようとすると暖房費がかかってしょうがない。」
と相談を受けました。
建物を調査してみると基礎断熱を施工しており施工には問題がないように見えます。
基礎断熱の住宅は床下が部屋の温度と同一になることで配管の凍結や底冷えを防止する事ができます。

床下が部屋の温度と同一になるとはどういうことでしょうか。
それは暖房する際に床下も温めなければならない事を示しています。
つまり基礎断熱の住宅は床下空間に熱を送り基礎コンクリートに蓄熱することで底冷えのしない状態が作れることになります。

基礎コンクリートは熱容量が大きい(温まりにくい)ので暖房によるエネルギーを多く消費することになります。
これは暖房費が増えることはやむを得ない事を示しています。

経済的かつ快適な生活を送るための対策として床下にウレタン吹付け工事を行いました。
床下空間と部屋間をウレタンにより断熱することで暖房エネルギーを基礎コンクリートに奪われないようにすることができます。

ウレタン吹付け前。基礎断熱が施工されている。
床下には断熱がない。
ウレタン吹付け後の状態。
床下がウレタンで覆われている。

その効果は部屋の温まり方が早くなったり部屋の温度ムラが少なくなったりしたことで実感していただいております。
これから本格的な冬を迎える時期に入りますが以前より確実に暖房費が抑えられることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

次の記事

おうち見直し相談会New!!